忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

うつ病

うつ病の治療は先に述べたように、薬物治療があります。これには抗うつ剤を使います。これに
よってうつ病の治療成績はきわめて高いものになりました。薬はトリプタノール、トフラニールが
代表です。トリプタノールは焦燥型うつ病、 つまリイライラしてしっとしていられないうつ病向き
です。もう一方のトフラニールは、意欲がなくしっとしている抑制型うつ病に効果的だと一般にい
われています。
約七〇%以上のうつ病の患者さんには、この抗うつ剤がよく効きます。ただし、効いてくるまで
には二週間ないし三週間くらいかかります。それまではむしろ副作用ばかり現われます。たとえば、
眠気、ふらつき、喉の渇きといったものです。多くの人は薬を飲むと、すぐにこのような副作用がイ
現われるので、驚いて服薬を中止してしまいます。この初期の段階の副作用をよく知って、効果は
二〜三週間待たなければ現われないのだということがわかれば、この副作用の時期を乗り越えて、
効果を待てることでしょう。
六週間前後たっても、 一つの抗うつ剤の効果が出ない場合は、他の抗うつ剤を試さなければなり
ません。それまでに治らないからと悲観する必要はありません。現在、多くの抗うつ剤が製造され
ており、その人にぴったりの抗うつ剤がどれかということは、予めわかるものではありません。し
たがって、自分の体質と合った抗うつ剤と出会うまでよく我慢することが重要です。だいたいうつ
病は遺伝性が高く、何度も繰り返すタイプ、脳卒中、糖尿病、脳腫瘍やガンといった内科や外科の
病気を慢性的に抱えているために、うつ病になっている人たちを除けば、治療成績はよいものです。
私の治療データから見ますと、九割はそれなりの生活ができる段階に戻り、六、七割は完全に治っ
ています。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

(08/31)
(08/30)
(08/29)

P R